滝ノ水皮膚科クリニック

MEDICAL
にきび治療(保険)


にきびの原因と種類


にきびができる原因は、性ホルモン、皮脂分泌の増加、毛穴の詰まり、アクネ菌の増殖の4つが関係しています。


炎症のないにきび



マイクロコメド

目に見えないにきびの始まりの段階です。毛穴の出口が狭くなり、皮脂がつまり始めている状態です。






コメド

毛穴に皮脂がたまり、目に見える状態のことで、「面ぽう」といい、「白にきび」や「黒にきび」とも呼ばれます。

白にきび
皮脂が毛穴につまった状態。ポツンとした小さな白い点に見えますが、見えにくい場合もあります。皮膚の内側では毛包が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。

黒にきび
白にきびの毛穴が開き、メラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見える状態。シミや小さなホクロのように見えます。

コメド

毛穴に皮脂がたまり、目に見える状態のことで、「面ぽう」といい、「白にきび」や「黒にきび」とも呼ばれます。

白にきび
皮脂が毛穴につまった状態。ポツンとした小さな白い点に見えますが、見えにくい場合もあります。皮膚の内側では毛包が広がるとともに、アクネ菌が増え始めます。

黒にきび
白にきびの毛穴が開き、メラニン色素や酸化された皮脂などによって黒く見える状態。シミや小さなホクロのように見えます。

炎症を起こしたにきび



赤にきび

白にきびが悪化して炎症が起きた状態です。毛包では増殖したアクネ菌が盛んに活動し、炎症を引き起こす様々な物質が作られます。




黄にきび

赤にきびから症状が進み、炎症がさらに悪化した状態です。皮膚の表面に黄色い膿が見えるため、黄にきびといわれます。皮膚の内側では、アクネ菌が作った酵素のリパーゼが薄くなった毛包の壁を壊し、炎症を起こす物質が毛包の外へ放出して、にきびの炎症が広がります。症状が悪化した結果、にきび痕ができてしまうことがあります。



治療について



保険治療では、外用薬と内服薬、赤外線治療があります。
お一人おひとりの肌質やにきびの状態に合った治療の組み合わせが大切です。

保険治療


外用薬
(デュアック配合ゲル、べピオゲル、エピデュオ、ゼビアックスローション、ディフェリン)

抗菌薬内服(ミノマイシン、ファロム)

漢方薬内服
(清上防風湯、十味敗毒湯、桂枝茯苓丸など)

LED光治療(オムニラックス)

オムニラックス−
光によるニキビ治療



肌へのダメージが少なく、
炎症性にきびの治療に有効なLED治療機器です。

オムニラックスは、お肌の内側から活性化することを目的とした光治療機器です。
最大の特徴は、従来のレーザー治療や光治療のような痛みや赤みがほぼなく、安全性に優れているという点です。
皮膚の深くまでLEDの光エネルギーを伝え、抗炎症作用によりにきび菌を殺菌・皮脂腺を破壊します。化膿した炎症性にきび(赤にきび)は放置するとにきび痕ができてしまいます。炎症を早く取り除くことで、にきび痕になるのを防ぎます。
※保険適応の治療です。


日々のスキンケアのご提案


にきびをはじめとする多くの皮膚疾患には、お薬だけでなく日頃からの正しいケアが重要です。
当クリニックでは症状を予防し悪化させないために洗顔の仕方、保湿など、お一人おひとりの肌質に合わせたスキンケア指導を行います。



滝ノ水皮膚科クリニックは
名古屋市緑区の皮膚科・小児皮膚科・アレルギー科です |
緑区エリアで皮膚科をお探しの方はぜひ当クリニックへ



(受付時間 8:00~11:30/15:00~18:00)


TEL  052-895-1112

診療科目 皮膚科/小児皮膚科/アレルギー科
所在地

〒458-0021 名古屋市緑区滝ノ水5-1009-2




Copyright © 2021 TAKINOMIZU SKIN CLINIC All rights reserved.